誰の課題

アドラー心理学では他人の課題に介入しないという考え方があります。

例えば、歯を磨かないと虫歯になるので、親は歯を磨かせたい。

でも、子供は磨きたくない。

虫歯になって困るのは子供なので、親の課題ではないのですが、そぅもいかない現実がありますよね。

虫歯になってからでは遅いですし。

ただ、姉妹ケンカには介入しないように気を付けています。

体の危険が感じられる時だけ介入します。

なにも言わずに見ているだけの方が難しいです。

木ノ上に立って見る、親にならないと。