迷惑をかけました。

今日5月31日(日)は私用のため臨時休診でした。

お問い合わせの連絡をくれた患者さん、申し訳ありませんでした。

今日はこの本を読みました。

投資家がお金よりも大切にしていること

藤野英人

面白かったです。

日本人はお金に執着が強い国民性で、資産形成は預金でする。

寄付をする文化がなく、自分の身の回りで必要なことは国の仕事として要望しがち。

このようなことが書かれていました。

必要最低限の預金以外は色んなところに投資をした方がいいですね。

それは自己投資でもあるし、株式等の購入でもかまいません。

そして何よりも自らが使うお金をもっと意識して使う。=投資という認識を持った方が良さそうです。

自分が好きなお店や応援したいお店にはお金を使って存続するようにする。

このようにしないと良いサービスを提供するお店でもつぶれてしまう可能性があります。

治療院を経営する立場からすると、

治療の技術を練習したり、セミナーに出たり、本を買ったりすることは自己投資になり、それはやがて患者さんの利益を増幅させることになります。

※ここでいう利益とは治療の効果が上がるということですね。

自分がする業は、病める患者さんの助けとなるため。

その助けとなるためには自分自身の全てを磨き続けないといけないと思わされました。

先日も書きましたが、古本屋巡りにはまっていまして。絶賛積ん読が増加中でございます。

時間がもっと欲しい。。。