開業10周年

今日は風もあり、少し雲がかかったりして昨日よりは涼しかったですね。それでもまだまだ暑いですが。。。

今朝治療院で開院の準備をしていると、花屋さんからお花が届きました。送り主は家族でウチに治療を受けにきてくれている患者さんでした。それで思い出しました。今日で開業10年だったんです。10年前の今日からわかき鍼灸整骨院は始まりました。

産んで育ててくれた両親を始め、場所を提供してくれていつも手助けしてくれるお義父さん、お義母さん、お師匠さんや兄弟子などの若城会勉強会のメンバー、柔整鍼灸学校時代の同級生達、頼りにしてくれる患者さん達、そして、娘達と妻の支え、これらのどれか1つでも欠けていたら今日の10周年を迎えることは出来なかったでしょう。改めて周りに支えられて生きているということを実感しました。自分も誰かの支えや助けとなれるように1日を大切に過ごしていくことを誓います。

カイロプラクティックはあなたの背骨を刺激して、自然治癒力を目覚めさせる施術方法です。
西洋医学の様に、薬や手術で外部から異物を入れるようなことはしません。

病院で検査をしても異常がないと言われた経験はございませんか?
1度カイロプラクティックを受けてみてください。
あなたが悩んでいる症状はもしかしたら背骨が原因で自然治癒力が働いていないからかもしれません。

わかき治療室・わかき鍼灸整骨院
大阪府大阪市住之江区南加賀屋4ー3ー11
電話番号 06ー4977ー1370
メールアドレス yuudai.wakaki@gmail.com
休診日 木曜日・祝日
予約制

料金 
大人      4000円 
高校生 大学生 3000円
小学生 中学生 2000円
未就学児    1000円

初診時は初診料1000円がかかります。

お問い合わせ・予約・質問はメール、電話、ラインで受け付けています。

カイロプラクティック#鍼灸#整体#自然治癒力#肩こり#腰痛#大阪#住之江#南加賀屋#お花が好き#緑が好き#本が好き#わかき治療室#わかき鍼灸整骨院#ガンステッド#トルクリリーステクニック#BRM療法#トリガーポイント#長野式#オリキュロセラピー#Chiropractic#Osteopathy

10月22日(火)休診です。

10月22日(火)は即位礼正殿の儀で保育園が休園になるため、子守りのため休診です。ご迷惑かけますがよろしくお願いします。

ご予約の電話、メールは受け付けております。

わかき治療室

大阪府大阪市住之江区南加賀屋4ー3ー11

06ー4977ー1370

Yuudai.wakaki@gmail.com

大人4000円 学生3000円

予約制

休み 木曜、祝日

開院は10時から20時

(土日は10時から16時)

ゴールデンウィークの予定です。

こんにちは。
ゴールデンウィークの予定です。

しっかり遊ぶために、背骨を治しましょう!

04/27土 09:00~17:00
04/28日休診日
04/29月休診日(勉強会)
04/30火 09:00~17:00
05/01水 09:00~17:00
05/02木 休診日
05/03金 休診日
05/04土 休診日
05/05日 休診日
05/06月 休診日
05/07~通常診療

となります。
急患の場合は時間外や休診日でも対応可能ですので、お問い合わせ下さい。

わかき治療室
wakaki-t.com
0649771370
Yuudai.wakaki@gmail.com
若城雄大

わかき治療室の紹介

わかき治療室の紹介

休診日 木曜 祝日
開院時間 9時~17時
住所 大阪市住之江区南加賀屋4-3-11
電話番号 06-49771-370
メール yuudai.wakaki@gmail.com
料金

大人 4000円
学生 3000円
SNS Facebook インスタグラム ライン

カレンダー

当院はカイロプラクティックと鍼灸治療を用いて、患者さんの問題解決のお手伝いをしています。

患者さんが来院される理由は様々です。
腰痛、肩こり、頭痛、めまい、関節痛(膝/肩/股/肘等etc)、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、五十肩、全身疲労、副腎疲労、etc 数えだすときりがないくらい様々な理由で来院されます。
当院の治療の目的は、出ている症状を抑える為にするものではありません。

患者さんが本来持っている自然治癒力を高めて、自らの力で治すためのお手伝いが当院の治療の目的です。

当院は、カイロプラクティックという手技療法を用いて、背骨が歪んで動きの悪い場所(カイロプラクティックの用語でサブラクセーションと言います)を矯正して、神経の流れを良くすることで自然治癒力を高めようとします。

最終的なゴールは、月に1度程度の施術で快適な生活に過ごせる体/生活習慣を患者さんと一緒に作っていくことです。
関節を痛めた時や調子を崩した時だけ施術を受けるというその場しのぎの対応は本意ではありません。
なぜならば、故障を繰り返す体は長持ちせずに快適な状態から離れていくからです。

症状が強く出ている状態の時はこまめに施術を受けて、安定していくほどに間隔を開けていくという方向に持っていきます。

9月の予定です。