生理痛について

生理痛等で悩んでいる人、カイロプラクティックを試してみませんか。

婦人科などで、器質的疾患が隠れていないかチェックすることも必要かと思います。

そこで異常がなければ、機能的な問題ということ。

カイロプラクティックによって腰椎骨盤の異常を正して、自律神経のバランスを取ることで改善する可能性があります。

以下は文献のメモです。

月経前症候群(PMS)



月経前3~10日の黄体期の間に続く精神的あるいは身体的症状で、月経はつらいとともに減退ないし消失するものをいう。

身体症状 

  • 乳房痛
  • 緊満感
  • 腹部膨満感
  • 頭痛(特に片頭痛)
  • 四肢の浮腫



精神症状 

  • イライラ
  • 抑うつ
  • 不安感
  • 易興奮性



治療 

  • 適度な運動
  • 水分
  • 塩分摂取の制限
  • 低用量ピル(排卵の抑制)





月経痛のメカニズム



子宮内膜の乖離→プロスタグランジン合成上昇→子宮筋の収縮、血流低下による虚血、→下腹部痛、腹痛

プロスタグランジンの体循環への流入→嘔気、頭痛、易疲労感などの全身症状





月経困難症



月経に随伴して起こる病的症状で、日常生活に支障をきたし治療の対象となる場合をいう。月経直前あるいは開始とともに症状が発現し、月経終了前あるいは終了とともに消失する



症状 

  • 下腹部痛
  • 腰痛
  • 腹部膨満感
  • 嘔気
  • 頭痛などが強く出現





治療 症状に合わせた対症療法を行う



機能性月経困難症


 骨盤には器質的疾患はないが、月経困難症を伴うもの

 10代後半~20代前半以降

特徴 排卵性月経に伴って起こる

   無排卵性月経では通常起こらない

   月経の第1~2日目に症状が強いが、1日で軽減する

   妊娠分娩を経験すると症状の改善、消失を見ることが多い



主な治療

  • NSAIDS(プロスタグランジン合成阻害薬)
  • 低用量ピル→排卵抑制作用によって痛みが改善
  • ブチルスコポラミン→平滑筋を弛緩させる




※初経からしばらくの間は無排卵性月経であり、10代後半ごろから排卵性月経が確立する

※排卵性月経に伴って起こる機能性月経困難症の後発年齢は10代後半から20代以降である

※無排卵性月経では、子宮内膜のプロスタグランジン産生が低下している

メモ

月経困難症をきたす女性は、子宮内膜より産生されるプロスタグランジンが多いことが報告されており、より多量に分泌されたプロスタグランジンが子宮筋を過度に収縮させ、血管の攣縮や子宮筋の虚血を引き起こすことによって本症が生じる。このため、NSAIDS(プロスタグランジン合成阻害薬)を用いる。

 

器質性月経困難症

子宮内膜症、子宮線筋症、子宮筋腫などが原因となって、月経困難症を引き起こす

 

30代以降

無排卵性月経でも起こりうる

原因疾患の治療

 

婦人科疾患とカイロプラクティック

 

機械的病因論

骨盤の傾きやねじれ、これに関連する人体の歪みが子宮の傾きを引き起こすかもしれない。この構造変動は月経の正常な流れを妨害したり、分娩出産時の問題を招くことがある。

カイロプラクティック治療は、骨盤のねじれや正常な腰椎前弯、線骨底の角度の変動を起こす部位のあらゆるサブラクセーションの解消を目的としている。

この治療の靭帯構造に及ぼす効果は、関連する筋群の収縮角の変動によって、あるいは神経学的メカニズムに基づく筋緊張の正常化によって生じる。

 

内分泌学的病因論

卵巣、甲状腺、副腎などの機能不全は脊椎起源性であるかもしれない。甲状腺機能低下症、副腎機能不全は卵巣の機能不全と関連があるだろう。

胸髄の第10,11分節から発している交感神経性繊維は卵巣と卵管を神経支配している。

副交感神経の供給は腹腔神経叢(迷走神経)から受けている。

自律神経の制御は主に血管運動神経である。これらの疾患の臨床管理は卵巣局部の解剖学的神経支配の外にも及ぶかもしれない。

ホルモンのアンバランスに伴う症状は構造に起因するものよりも一層多様かつ複雑である。これらの症状は月経前症候群から無月経に至る範囲に及ぶだろう。

カイロプラクティック治療の目的は、特定の終末器官や組織に関連する椎骨サブラクセーションを矯正することによって、自律神経の効果を通して内分泌機能を正常化することにある。

線組織の治癒には時間を要するため、治療に対する望ましい反応は60日~90日遅れて発現するだろう。

 

痙攣または疼痛を起こしている特定の部位と時期が、構造起源性かホルモン起源成果の鑑別に役立つ。

構造上の問題に関連している痛みは通常骨盤の前下方部に局在し、月経の始まりと同時に発生する。

痛みは月経開始後に強くなるかもしれない。この構造的な機能不全は、正常な腰椎前弯の消失に起因するかもしれない。

腰椎カーブを減退させる可能性のあるサブラクセーションとしては、ASIN腸骨、仙骨の回転、腰椎のひどい回旋などがあげられる。

ホルモンの機能不全による月経困難症は、一般に月経開始の数日前に腹痛やけいれんとして出現する。

全般的なホルモンアンバランスのために、ほかの関連症状も出現するかもしれない。

(例えばPMS)主要な問題レベルは通常、上部腰椎であるが、T12からL5にまで及ぶ可能性がある。

問題のメカニズムは不明であるが、下部胸椎における補正作用による可動性亢進が、神経系の機能不全を起こす可能性のメカニズムであるかもしれない。

月経前症候群では、甲状腺機能低下症が併発しているだろう。それ故に頸椎胸椎移行部を見落としてはならない。

 

ガンステッド真髄より抜粋

生理の問題

生理痛と不規則な整理は、2つの異なる状態である

生理痛は典型的に、L4,5そして仙骨、腸骨のレベルのサブラクセーションの結果である

不規則な生理は、しばしば、L1,L2、L3のサブラクセーションの結果である。

生理痛は、不規則性の生理よりもずっと改善しやすい。もり、両方の問題がある場合、まず痛みをとり、不規則性を改善する。

 

主に交感神経系の問題

  • 無月経
  • 小量の出血
  • 卵巣のう胞
  • 膣感染
  • 子宮感染
  • 子宮内膜症
  • 閉経後症状(上部頸椎も見る)
  • 月経前頭痛
  • 片頭痛
  • そして出産不全である

                      

主に副交感神経系の問題 

  • 頻回の生理
  • 長すぎる生理
  • 多量の分泌物
  • のぼせ
  • 出産不全や出産に伴う多量の出血
  • そして妊娠不全

カイロプラクティックはあなたの背骨を刺激して、自然治癒力を目覚めさせる施術方法です。
西洋医学の様に、薬や手術で外部から異物を入れるようなことはしません。

病院で検査をしても異常がないと言われた経験はございませんか?
1度カイロプラクティックを受けてみてください。
あなたが悩んでいる症状はもしかしたら背骨が原因で自然治癒力が働いていないからかもしれません。

わかき鍼灸整骨院
大阪府大阪市住之江区南加賀屋4ー3ー11
電話番号 06ー4977ー1370
メールアドレス yuudai.wakaki@gmail.com
休み 木曜日・祝日 第1.3.5日曜日

料金 
大人  4000円 
大学生 高校生 3000円
中学生 小学生 2000円
未就学児  1000円
初診時は初診料1000円がかかります。

お問い合わせ・予約・質問はメール、ライン、電話で受け付けています。

※わかき鍼灸整骨院のラインアカウント友だち追加↓

ラインで予約するために以下のQRコードか友だち追加ボタンから友だち追加してください。

カイロプラクティック#鍼灸#整体#自然治癒力#肩こり#腰痛#大阪#住之江#南加賀屋#お花が好き#緑が好き#本が好き#わかき治療室#わかき鍼灸整骨院#ガンステッド#トルクリリーステクニック#BRM療法#トリガーポイント#長野式#オリキュロセラピ#Chiropractic#Osteopathy