娘の成長

20221123

今日は一日雨が降ったりやんだりの天気でしたが、思ったよりも気温が下がらなかったので過ごしやすかったですね。

 

祝日ということで休診日でした。

 

長女の通う小学校のPTA主催のドッジボール大会があったので行ってきました。

このような催しごとを企画運営してくださるPTAの役員様たちには本当に頭が下がります。

いつもありがとうございます。

 

1年生から3年生の参加者をランダムに分けられた5チーム(赤・青・黄色・緑・ピンク)後から考えるとゴレンジャーカラーですね(笑)各チーム15人程度。

 

娘は緑チームでした。

仲良しのお友達とは一緒のチームにはなれずに残念そうでしたが、それは仕方ありません。

世の中とはそういうものです。

 

試合は7分間で区切られて、総当たりをして優勝チームを決めるという仕組み。

 

子供たちが一生懸命ドッジボールをしているのをただ見ているだけなのでしたが、これが面白くてたまりませんでした。

 

外野に飛んできたボールを誰が投げるのかジャンケンで決める子供たちがいたり、

せっかくボールを手にしたのに、自分では投げずに男の子にパスしちゃう女の子や、

色んな子供たちの社会の様相が見れて楽しかったんです。

 

子育てをしていると、自分の子供時代の記憶の扉を開けてくれることが度々あります。

今日も、自分が小学生やった時にしていたドッジボールの記憶が蘇ってきました。

 

父は暢気にノスタルジックな気持ちに浸っていましたが、その間娘は当てられたり、当て返したりと奮闘しておりました。

投げるボールの軌道も最初は、地面に向かって投げてるの?というくらいのワンバウンドばかりでしたが、段々と水平に人にめがけて投げられるようになっていました。

 

緑チームは3勝1敗で、同率首位のピンクチームと優勝決定戦に進むことができました。

 

この試合ではあまりボールに触れることは出来ず、絶えず逃げ回っていましたが(表現がちょっと悪いか?)、味方はドンドンと当てられていきました。

そして最終的に娘も含めて3人になったところでゲームセット。

 

惜しくも負けてしまって準優勝となりました。

 

終了後の挨拶を終えてから、娘は泣きながら走ってきました。

そんな娘の反応にビックリの父

{だってPTAの催しごとで、そんな気合を入れて準備をしてきたわけでもないのに。。。}パパの胸で泣くこと3分ほど

理由を聞いてみると

「負けて悔しかった」

とのこと。

 

そんな姿を見てもらい泣きしそうになったのは秘密ですが、

そこまで悔しい気持ちを持てる娘を誇らしく思いました。

 

彼女はこれから何があっても大丈夫でしょう

↑結論の締め方よ。。。

 

それでは日本国民としてワールドカップの応援をいたします

ただいま11月23日22時ちょうど